忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/10/17 14:32 |
タコスの調理法
メキシコを代表する料理の一つで、特にこの料理に使用されるトルティージャ(Tortilla)はメキシコ料理には欠かせない、まさに国民食と言えるものである。タコスを専門とする飲食店を、タケリーア(Taquer)と呼ぶ。

なお、「タコス」は複数形の名称で、単数形は「タコ」。

調理法
トルティージャで具をはさんでサルサ(Salsa、ソース)をつけて食べる。

具には主に挽肉、レタス、トマトなどが使われる。挽肉の代わりに、ドネルケバブの様に薄くスライスした肉片を使うこともある。チョリソ(Chorizo)を使うこともある。また、フリホレス(Frijoles Refritos)を使うことも多い。



サルサはチリベースのものが一般的だが、他にもアボカドを使ったワカモレ(Guacamole)などがある。

多くの場合、乾燥を防ぐために布でくるんだトルティージャと、具を盛った皿、サルサを入れた器が別々にテーブルに供され、食べる人が自分の好みでトルティージャに具を挟んで食べる。トルティージャを筒状に巻く人もいるが、多くは2つ折の状態にする。具やサルサがこぼれないようにトルティージャの端を小指などでうまく押さえて食べるのがコツである。

アメリカ
アメリカではトルティージャを隙間を空けて半分に折り曲げ、トスターダ(Tostada)のように油で揚げたタコシェル(Taco Shell)にレタスやチーズ、肉などを載せて食べる(ハードタコ Hard Taco)。また、小さめの小麦粉のトルティージャに具を巻いて食べるものをソフトタコ(Soft Taco)と呼ぶ。ファストフードの一種。

タコ・ベル(Taco Bell)、タコ・ジョンズ(Taco John's)という二つのフランチャイズチェーンが全国的に展開している。

沖縄
沖縄では1960年代、トルティージャの代わりに米飯を用いたタコライスが考案され、近年の沖縄ブームで全国に広がりつつある。
PR

2007/10/01 13:08 | 日記
山田洋次監督、恋愛映画製作
「男はつらいよ」シリーズで知られる山田洋次監督(76)が学生と共同で、松竹京都映画撮影所がある京都・太秦の商店街を舞台にした恋愛映画「京都太秦恋物語」(仮題)を製作することを30日、発表した。

この日京都市内で開かれた松竹、立命館大学、京都府の産学公連携に関する記者会見で明かされたもの。今年度から立命大客員教授に就任した山田監督監修のもと、学生が参加し、来春をメドに撮影をスタートさせる意向だ。山田監督は「(太秦で)暮らしている人が登場し、その中に俳優も交じる『セミ・ドキュメンタリー』にしたい」と意欲を見せていた。

1931年、大阪府豊中市生まれ。満鉄のエンジニアだった父親の勤務のため、2歳で満州に渡り少年期を過ごした。終戦後の1947年、大連から一家で日本に引き揚げ、15歳から18歳までを山口県宇部市の伯母の持ち家で過ごした。流れ者や社会の逸脱者を多く描くのは、山田自身の引き揚げ体験が強く影響している。

旧制宇部中(現在の山口県立宇部高等学校)を経て旧制山口高等学校(現在の山口大学)在学中に学制改革を経験。新制の東京都立小山台高等学校から東京大学法学部に入学。怠学による出席日数不足で中退するつもりであったが、1954年に東京大学を卒業して、松竹に入社する。野村芳太郎作品の脚本家・助監督を務めた。1961年、『二階の他人』で監督としてデビューした。

大島渚、篠田正浩、吉田喜重といった気鋭の新人が松竹ヌーヴェルヴァーグとして活躍していた時代にあって、山田は地味な存在であった。ヌーヴェルヴァーグ派が松竹から独立して行く中、松竹大船調路線の後継者として『下町の太陽』、『馬鹿まるだし』等のコメディを中心とした作品で企業内監督の道を歩む。

1969年、『男はつらいよ』を発表。その後27年間に全48作が製作される大ヒットシリーズとなり、国民的映画とまで言われた。

しかし、車寅次郎役である渥美清の体調が優れなくなってからは、甥の満男を主役としたサブストーリーが作られ、さらに渥美の病状が深刻になってからは、年2回作られていた『男はつらいよ』シリーズを年1回に減らし、満男の出番を増やして寅次郎の出番を最小限に減らす決断をするが、松竹の経営事情などにより映画の制作は続けざるをえなかった。第47作と第48作は、ドクターストップがあったものの無理に出演して貰ったものである。1996年8月13日、「寅さんとのお別れの会」で弔辞を読んだ。このように渥美とは長年いっしょではあったものの渥美の家族や個人的な連絡先は知らなかったと言う。知るようになったのは寅さんとのお別れの会に出席した後だったらしい。

最終作の撮影現場で体調を崩して楽屋で寝込んでいた所、その頃は既に自分の死が近いことを悟っていたのか渥美清から「山田さん大丈夫ですか?あなたは体を大事にして長生きしなければなりませんよ。」と言われたのが今でも心に残っていると言う。

渥美の死去によって男はつらいよシリーズを失った4年後には大船撮影所が閉鎖され、監督としてメガホンを取る機会も減ってしまった。近年ではロケ地に行くと「男はつらいよを何本でも作れそうだ」と語っている。

2002年、藤沢周平原作の『たそがれ清兵衛』を発表する。山田にとって、『運がよけりゃ』に続く2度目の時代劇であり、藤沢作品を初映画化したものであった。他の時代劇では無視され続けてきた“位の低い”武士の苦悩を描いた物語である。構想に10年を掛け時代考証に徹底して拘った。登場人物が綺麗な新品の服ではなく、着古した古着を着ていたり、毎日月代を剃るはずが無いから、剃った部分に髪が生えてくる等の実に細かい部分をリアルに丹念に描いた。新鮮な時代劇と話題を呼び大ヒットとなった。真田広之と宮沢りえの演技力もあって、出色の時代劇と評価され、日本の映画各賞を独占した。1990年代後半以降低迷していた宮沢の見事な復活作ともなった。

2003年2月、第57回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門に出品される。2004年、「第76回アカデミー賞外国語映画賞」の候補になったが受賞はならず。同年、再び藤沢原作の時代劇『隠し剣 鬼の爪』を発表し、またもベルリン国際映画祭のコンペティション部門に出品される。

2006年9月、大相撲横綱審議委員の山田は、「部員不足解消に役立つなら」と、OBである東京大学相撲部の名誉顧問となった。京都大学との交流戦を観戦し、「初心者にしか見えない学生が鼻血を出しながら立ち向かう姿が愛しい」と興奮した。

2007年は自身の監督作『幸福の黄色いハンカチ』がハリウッドでリメイクされる事が決定。高倉健の演じた主人公はオスカー俳優・ウィリアム・ハートが演じる。


2007/10/01 12:38 | 日記
フォアグラの調理法、製法
フランス国内では、南西部のペリゴール地方(Périgord、現ドルドーニュ県)とランド県が主産地で、ガチョウと鴨の両方のフォアグラが生産されている。また、アルザス地方のストラスブールやラングドック地方のトゥールーズも、産地としてよく知られている。不足分は、オーストリアなどからの輸入品でまかなわれている。

ハンガリーのドナウ川西岸(ドゥナーントゥール地方)でも昔からフォアグラの生産が行われており、輸出も盛んである。

調理法
パテに加工し甘めの柔らかいパンに塗って食べるか、ソテーして食べるのが一般的だが、トリュフ入りのパイ包み焼きのような、パイ料理の素材としてもよく使われる。フォアグラを乗せて焼いたステーキは、ロッシーニ風トゥルヌドステーキと呼ばれる。フランスでは、伝統的にソーテルヌなど甘口のワインと合わせる。

フランス人の多くにとってはクリスマスや新年前夜の晩餐(レヴェヨン)などでしか口にすることのない珍味であるが、近年になって生産量が増加したため珍しさは薄れてきている。中には一年中フォアグラを賞味する地域もある。

製法
今日フランスでフォアグラ用に供されるガチョウは Oie de Toulouse(オワ・ド・トゥールーズ、トゥールーズのガチョウの意)などの大型品種で、初夏に生まれた雛を野外の囲い地で牧草を餌に十分運動させて育て、基礎体力を付けさせる。夏を越して秋になると狭い場所に閉じ込めて運動できないようにし、消化がよいように柔らかくなるまで蒸したトウモロコシを、じょうごで強制的に胃に詰め込む強制給餌を1日に3回繰り返す。これを1ヶ月続けると、脂肪肝になった肝臓は2kgに達するほどに肥大し、頭部と胴体を水平にする姿勢しかとれなくなるに至る。フォアグラはこの段階のガチョウをしめて取り出し、余分な脂肪、血管、神経などを丁寧に除いてから、冷水に浸して身を締める。


2007/09/30 19:32 | 日記
近年の家事手伝いのイメージ
裕福な家庭に生まれ、仕事をせずに花嫁修業の為に習い事や趣味に勤しんでいる。
裕福であるなしに関わらずフリーターやニート、無職だがそのままだと世間体・イメージが悪いので単に「家事手伝い」を自称している。
2番目のイメージは定職のないパラサイトシングルであり、女性であっても経済的自立を重視する風潮の広がり、“働かざる者食うべからず” “勤勉な労働こそ最高の美徳”とする価値観が強まったことにより、1.よりも2.のイメージで見る傾向が急速に強まっている。ただし、内面的な女性の経済的自立志向が強くなったとの意見には異論も多く、むしろ近代的な「自立した女性の振る舞い」を重視する女性が多いために、2.のような行動を取る者が多いとの指摘もある。また読者モデルの間では「家事手伝い」を自称する事は、一種にステータスとして取られる傾向もある。

家庭電化製品の普及、コンビニ等の登場によって家事は重労働ではなくなったため、現在では更に言葉の意味が形骸化し、就労に向けた教育・雇用・職業訓練等のいずれにも参加せず、親の力に頼って無職を維持もしくは堅持している女性を指す事が多い。若者用語では「カジテツ」と略称される。このような女性は結婚後にも夫の収入に頼りつつ家事をしない、また共稼ぎをするが自分の収入は独占するなど、夫に対して経済的な寄生行動を取ることが多い

ニートとして分類
家事手伝いはニートの分類の一つである。厚生労働省は2004年版労働経済白書で、ニートの定義に「家事の手伝いもしない」ことを加え、ニートは約52万人と試算していた。これに対し、内閣府の青少年の就労に関する研究会の調査では「『家事手伝い』は就労意欲がないケースが多い」として統計に加えたところ、2002年度にはニートは85万人という集計を公表した。ただし日本のマスメディアは、女性ニートを「家事手伝い」と報道することが多く、「ニートとは男性だけを指すものだ」と誤認しているケースが多い。

日本では儒教的な思想にからみ、女性は男性に従属し従順であるべきとの考え方が近代まで根強く残っていた。女性が社会に出て働くと世間ずれして純粋さが失われるという価値観から、女性が仕事を持つことを忌避する風潮があった。このため、女性は学業を終えると「家事手伝い」と称して花嫁修業をし、その後はなるべく早く結婚するという定型が存在していた。花嫁修業として習い事をすることもあるが、一般庶民の場合は家の仕事(自営業や家事、介護)を手伝うのが普通だったので、家事手伝いが花嫁修業の同義語になったものと思われる。以上から、家事手伝いには

1、「世間ずれしていない純朴な女性」というニュアンスが付加される
2、さらには「親が裕福で、自分で働かなくとも生活できる育ちの良い良家の娘」という意味合いも持つようになった。
見合いの席で女性のプロフィールを紹介する時や、女性向けファッション誌等でフリーターやニートの女性読者モデルに対してイメージを良くする為に使用される事(寧ろ「家事手伝い」が勝ち組であるかのように煽ることもある)が多いのは2.の理由による

2007/09/29 15:44 | 日記
健康野菜
消費者側からは栄養補助的な効能が期待される野菜類を指すが、明確な定義はないため、各関係企業がイメージだけで使っている言葉である。

分類
これらは社会学的側面から幾つかの現象に分類する事が出来る。

不足しがちな栄養素を豊富に含むとする、サプリメント的なイメージを持つ物で、特に耳慣れない珍しい作物を含む。
低農薬・有機栽培等の健康的な環境で育った物で、より栄養価が高いというイメージを持つ。
まさにイメージだけしか無く、「野菜=健康的」という単純な類推からその様に呼ぶ。

第1グループ
古くは南瓜(風邪の予防に効果的)や、昨今ではニガウリやゴーヤーの名前で知られるツルレイシの他、生食によって健康被害まで起こしたアマメシバも含まれる。

元来の調理法も一緒に取り入れれば問題は起き難いが、珍しい作物を輸入する段階で、正しい調理法が伝わって居ない場合には、危険な場合もある。

第2グループ
基本的にその表現は客観性に欠けるが、元来の路地物野菜に比べてハウス野菜や化学肥料に拠る栽培で、味や栄養が損なわれている作物の存在も指摘されている。 しかし元来、化学肥料栽培にあっても、適切な施肥や環境管理を行えば、十分に味や栄養に問題の無い作物が作れるとの指摘もあるため、一概には「低農薬だから・有機肥料だから」優れているとも云えない。

コマーシャリズム表現の一種と見なす事も可能である。

第3グループ
完全に宣伝文句であり、イメージを売るためのキャッチコピーである。 実体が無いため、消費者の期待する効能も無いだろうが、商業倫理上としては、購入に支払う代価が他の「健康を謳わない」商品と同じなら、(消費者意識を除けば)さして問題は無いと思われる。

2007/09/29 15:30 | 日記

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]