忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/11/14 22:48 |
同性愛感情の素因を持っている人
「生育環境が同性愛感情を育む要因を持っておりよい出会いに恵まれたならば、同性愛感情を抱いた可能性がある人」を同性愛者と定義する考え方がある。言い換えるなら、「生物学的にどうしても同性愛感情を抱き得ないというわけではない人」である。

フロイトの考えによれば全ての人間はこの意味での同性愛者である。これは、彼が「先天的にはいかなる対象とも不可逆的に結びついているわけではない幼児性欲が、後天的にいかなる対象に結びつけられるか」が同性愛/異性愛を決定すると考えていたことによる。 ただし、フロイト自身はこの意味で同性愛者という言葉を使ったことはない。

より穏当な意見の人々からも、同性愛に抑圧的でない文化においては同性愛感情を経験したことがある人が多く見られることから、この意味での同性愛者の割合は極めて高いと見積もられている。

ただし、この定義における「同性愛者(ホモセクシャル)」は「異性愛者(ヘテロセクシャル)」と背反な概念ではないため、その大部分は「両性愛者(バイセクシャル)」とみなすこともできる。「両性愛者」を除く狭い意味での「同性愛者」、すなわち「生物学的にどうしても同性以外に恋愛感情を抱き得ない人」はより少ない。厳密なパーセンテージについては諸説あるが、人口の10パーセントを超えるとする報告は最近では見られない。


同性愛感情を経験した人
同性愛感情を有している、もしくは有していた人のことを同性愛者と定義する考え方もある。

上で述べたようにこの定義における同性愛者の割合は文化依存性が高い(スタブ)。 しかし、同性愛に抑圧的な文化においては、調査の回答者が同性愛感情の経験を隠そうとする可能性も高い。この意味での同性愛者の割合は実は安定しており、それを公にする人の割合が異なるだけではないかという指摘もある。

確実だと見なされている唯一のことは、この定義における同性愛者が人口の100パーセントを占める文化や0パーセントの文化は知られていないということである。

Wellingsが1994年のイギリスで行った調査によれば、この意味での同性愛者は人口の約6パーセントであった。両性愛者を除く狭い意味での同性愛者は男性の約1パーセント、女性の約0.5パーセントであった。


同性間の性行為を経験した人
同性間の性行為、すなわち同性同士での性器的な接触を取り上げて、その経験の有無によってHomosexualityを定義しようとする考え方もある。この場合日本語においては同性「愛」となっているので言語上の問題がある。

この定義を、感情経験といった主観的なものに比べて科学的な優れた尺度であると考える人もいる。しかし、幾つかの点で問題もある。

同性間の性交行為は文化・制度的に強く規制されることも多く、感情という内面的なものに比べて文化・制度が影響しやすい
同性間の性行為に及ぶに必要とされるパートナーは、人口密度の低い地域では全く見つけられない可能性がある。
そのため、同性愛の生物学的な側面を検討する上ではこの定義は役に立たないと考える人もいる。

また、同性愛感情が無くても同性間の性交行為をすることは可能であるので、このことが統計的なズレをもたらしている可能性もあると指摘される。単なる興味本位や、制度的な強制、売春、強姦、刑務所や寄宿舎などで異性と接する機会がない場合など、そのような事態は実際に知られている。

この定義における同性愛者の割合については様々な報告がある。

ニューギニアのサンビア族では、男性同士の性交行為が通過儀礼として制度化されている。しかしこれをもって、男性の100パーセントが同性愛者であるとするのは間違いである。
上のイギリスにおける調査では、男性の3.6パーセント、女性の1.7パーセントであった。両性愛者を除くと、男性の1パーセント、女性の0.5パーセントであった。
1992年のアメリカ国家世論調査センターによる調査では、男性の2.8パーセント、女性の1.4パーセントであった。
1995年のハーバード大学によるアメリカにおける調査では、男性の6.2パーセント、女性の3.6パーセントであった。
PR

2007/09/26 13:11 | 結婚 恋愛
アナルセックスの歴史と文化
人間の性行動の一種で、男性器(陰茎)を女性または男性の肛門、直腸へ挿入する行為のこと。 ソドミーともいう(旧約聖書のソドムから)。 広義には玩具などを使うなどして肛門、直腸に関わる性行為のすべてを含む。

肛門性交はその体位が動物的な場合が多いこと、排泄をおこなう箇所を性交に使うことへの抵抗など、文化や習俗と合わせて、こうした行為に不快感を抱く人も少なくない。 こうした行為を、世界のいくつかの地域、文化圏ではタブー視したり、法により禁止しているところもある。

なお、男性の同性愛者(ゲイ)の間では広くおこなわれるものとされることがあるが、それに反論する人もいる

欧米およびキリスト教文化圏
カトリックでは処女性が強く求められていたことと中絶を認めていなかったため、中世ヨーロッパで広まった、という説がある。

また法律での禁止例として、アメリカ合衆国で施行されていた「ソドミー法」がある。 この法律は同性愛を禁じるための法律であるが、頭の中を規制することは出来ないため、その行為である肛門性交を禁じるものである(異性同士の肛門性交も含まれる)。 かつては50州に存在していたが、2004年現在で13州にまでなっている。 テキサス州の法律は、2003年6月26日にアメリカ最高裁により違憲との判決を下された。

日本でも過去に、男性同士の間でおこなわれていた(僧侶と稚児、衆道、陰間茶屋など)。 古代ギリシア以降、肛交を中心とする男色・衆道文献や習慣が最も普及したのも、封建時代の日本である。

問題点
肛門は本来、排泄を行なうためのものであり必ずしも性交に適切であるわけではない。 異物の挿入による裂傷や擦過傷とそれによる出血や、性行為時の性行為感染症や腸内の細菌による(主に挿入側の)尿道での感染症などを引き起こす恐れがある。 また、肛門括約筋は随意筋と不随意筋それぞれがあるので、不慣れだと痛めることもある。

このため、肛門性交する前には浣腸などによる腸の洗浄と避妊具(コンドーム)を着用する、潤滑剤を使う等の対応をする必要がある。 また、挿入される側は事前に小さめの器具などによる練習を行うことが望ましい。

感染症との関わりとして大きくとりあげられた事例としては、後天性免疫不全症候群(エイズ)における誤解がある。 初期の症例では男性の同性愛者が多かった事から、同病が肛門性交によってのみ感染するとする説が(高名な研究者の間でさえ)蔓延し、患者や同性愛者への偏見・迫害に繋がった。 なお、その後通常の性交や輸血、血液製剤等によっても感染する事が確認された。

2007/09/19 13:39 | 結婚 恋愛
デート商法の手口
出会い系サイト、お見合いパーティ、電話、電子メールなどでの出会いをきっかけとして、異性の販売員が身分を秘匿して接近してくる。販売員は、相手と何回か会って話やデートをして相手に感情移入させた後で、商品をねだって、業者の販売店に誘いこむ。相手が業者の販売店に入ると、店に誘い込んだ異性の販売員がねだったり甘えたり、店内の販売員数人で取り囲んだり、脅した末に、強引に相手に商品を購入させる。
また、販売員が異性であることが、心理的にクーリングオフの行使をためらわせる効果があるともいわれている。
商品は、毛皮、宝石、絵画がメインである。クレジットも生かせるように、数十万~数百万円の高額を設定して販売する。 このような業者と契約するとカモリストに掲載され二次勧誘の対象になるので注意が必要。特定商取引法に基いてクーリングオフできる場合がある。

被害者は男女ともに認められる。しかし男性が被害者である場合は、「騙される方が悪い」とみなす者が本人の周囲だけでなく、被害の救済を担当する者にも多いために被害者が二次的に精神的被害を受けることが少なくなく、そのケアなどが問題となっている。

2007/09/12 13:25 | 結婚 恋愛
猥褻行為を好む女性、痴女
元々は風俗業界の造語とも言われており、多くの辞書には載っていない。痴漢の「漢」(男性)の対義語「女」を用いた操作的概念であり、これに相当する対象が実際に存在するかは定かではない。

このように評される女性は、満員電車の混雑した所や暗い夜道など人気のない所で、相手の意に反して近づき体に触ったり、自分の性器を触らせる・性的な猥褻行為をするものとされる。所謂痴漢の範疇であるため、強制わいせつ罪や各地方公共団体の迷惑防止条例により処罰される。

相手の男性と合意の上で体にさわる時は痴女とはみなされないが、擬似的にそのような「プレイ」を行うケースもあり、それに特化したサービス(性風俗産業における商品)も存在する。なお、男性が同種の猥褻行為を犯す場合は痴漢という。

一般にはアダルトビデオのジャンルとして一定の人気があるほか、イメージクラブ等の性風俗店において、一種の演技として行われる場合もある。その場合は、日本に於いては男性が性行為の主導権を持つケースが多い所を、女性が積極的に進行を担当するプレイとして描かれ、男性側は完全な受け身となる。

この存在は、一種の非日常性の範疇として扱われるケースが多い。例えば真面目なサラリーマンが満員電車で通勤の最中、この痴女によって性的に暴行されながらも、思わずオーガズムに達してしまう…といったストーリーである。この他にも、男性が意図しない状況で性的な玩具にされ、達してしまうなどというシチュエーションに登場する。

この一端には、抑圧された性衝動の解放・道徳の放棄という、一種のカタルシス性が求められている事にも関係するとされ、一見真面目な勤め人の持つ、強く抑圧された衝動が、積極的に女性から弄り回される事で開放される過程を通して、より自身の欲望に忠実に成ってしまうという状況を、痴女という存在をもって表現しているといえよう。

ただし、これらはあくまでも架空のストーリー上における「解放」である。実際にこれらの被害(少年を狙ったものも、少女を狙ったものもある)にあったケースでは、まだ異性に対する価値観の成熟していない未成年を付け狙った行為で女性に対して強い恐怖心を覚えたというケースや、所謂ストーカーによって電車内で辱めを受けたために電車に乗る事に強いストレスを受けるように成ってしまったケースが報告されている。しかし痴漢被害者ほどには社会的認知が低く、痴女からの被害者は取り扱わないケースが多いため、これらの被害者男女へのケアが行われていないとの指摘も多い

2007/09/10 21:42 | 結婚 恋愛
国際結婚に纏わる社会問題
国際結婚についてはその離婚率の高さが指摘される。離婚率は43%に上り、これは日本人同士の38%に比べて高い。


夫が日本人で妻が外国人である場合
日本と東南アジアとの経済力の差から、結婚を名目とした出稼ぎが多いとされており、日本人「夫」が仲介者を経て名義を賃貸し婚姻届の提出により「結婚」が成立していたという事態も判明された。そのため、入国管理審査が厳しくなり、実際に結婚する場合でも手続きが煩雑となってしまった。 2006年7月、犯罪組織「工頭(コントウ)」が中国籍の女を不法就労させるため日本人男性との偽装結婚を繰り返していたとして逮捕されている。 この様な犯罪組織「工頭(コントウ)」の他にも、悪徳国際結婚仲介業者があり、その数は増えている。

悪徳国際結婚仲介業者の悪徳な具体例は

結婚希望の男女のコミニケーションを除外し、早期結婚をさせる。                   
男女のプロフィールを偽り、男女双方に相手を良い様に思わせ、結婚させて、利益をむさぼる。      
外国女性サイドの業者は、女性に借金をさせて、大金(現地労働者の年収の5~20年分)を支払わせている。 この事を内緒にするないしは、偽っている。この事により、夫は正規の結婚をしたつもりが、実際は外国妻の出稼ぎ同然となっている。                              
成婚数は表現するが、離婚数については偽る。                            
偽りの保証制度を掲げる(支払金の返金、結婚後のサポ-ト)             
悪徳業者は、男女間の言葉の弊害と、人間、良い事を信じたい、と言う思いを、悪徳業者は利用する。

また、相手の外国人配偶者の本国から非常に多くの書類を用意し、滞在ビザを取得する必要があり、これにも悪徳仲介業者は付け込み、生業を得ている。この事より、通常の国際結婚をした人より、格段と離婚率が高いと言われている。


妻が日本人で夫が外国人である場合
夫が日本人・妻が外国人の国際結婚同様、その文化や風習、考え方や国民性の違いによる離婚率は高く、在日米軍の男性などと結婚する日本人女性の離婚率は、国際結婚の平均離婚率より高いと言われている。

近況
2005年現在、結婚総数の約5%が国際結婚であり、この数値は20年前の約10倍に上る。また、日本国内の国際結婚への認識はマスコミの報道で一般論化されている情報と厚生労働省等の統計事実と大きく違い、また国際結婚の内訳は性別によって著しく違う事は特記すべき興味深い状況である。

まず最初に、日本人の国際結婚総数は、夫が日本人であるカップルの絶対数が圧倒的に多い。厚生省統計によれば、2003年の国際結婚数は、夫日本人・妻外国人が27,881組、夫外国人・妻日本人が8,158組で、3倍以上の差がある。これはマスコミが「日本人男性は外国人女性に相手にされず、日本人女性は外国人男性に人気がある」等と報道する事により、生じた一般論のイメージとは正反対の統計である。しかしながら、厚生省の統計は、何れも日本国内に居住する結婚のみは対象で、外国人と結婚して、外国で定住する日本人の例は反映されていない(「日本人女性にはこのケースが多く実際には日本人女性の方が外国人と結婚をする数が多い」との意見もあるが、データは示されていない)。

また、男性が外国人で女性が日本人のカップルは、外国人男性が米国、英国などの英語圏・西欧諸国の出身である事がその反対の場合より圧倒的に多い。2004年厚生労働省の統計によると男性が米国人で女性が日本人のカップルは17.4%となっているのに対し、女性が米国人で男性が日本人のカップルは、0.6%にとどまっている(ただしこれは国籍で区分したものであり、人種の区分とは必ずしも一致しないことを添えておく)。ちなみに上記統計によると、女性が外国人で男性が日本人のカップルは、外国人女性が東南アジア、中国、韓国、台湾等のアジア諸国出身である場合がほとんどである(82.3%)。

またマスコミなどでは、「男性が日本人の国際結婚で、外国人妻がアジア諸国出身の結婚目的は主に経済的助勢である」事を暗示するかのような報道の為、一部の外国人妻から、マスコミに対する異議申し立てが行われている。

その他の傾向としては、国際結婚の諸問題に対応する、Webサイトを代表とする相談窓口が、外国人夫と日本人妻とのカップルを前提としているものが多いため、その逆の組み合わせの国際結婚夫婦が相談できない例が増えてきたとの指摘がある。また、日本人の国際結婚は外国人夫と日本人妻との間で起こるという妄説は、外国人妻の日本での生活において抱える問題を認識しない状況を作る可能性がある。他にも、日本人男性と結婚した外国人女性は教育が不十分であるとの偏見をもつ者が日本女性には多く、外国人妻を無知な存在であるとして見下した態度を取ったり、あるいは無知故に日本人男性に騙された存在として過剰に保護を行うことがあるため、自分への処遇が不相応なものであると感じる外国人妻が増えているとの意見もある。もちろん実際には、希望して日本人と結婚した外国人女性が多いのであり、また、大卒や院修了など高い教育を受けた者が少なくない。


2007/09/03 13:00 | 結婚 恋愛

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]