忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/11/14 23:11 |
モンブラン
栗をふんだんに使ったケーキである。山の形に似せて作ったことからこう呼ばれる。名前の由来は、アルプスのモンブランであり、フランス語で白い山を意味する。フランス語ではケーキは Mont Blanc aux marrons と呼ばれる。尚、上に降りかけられる白い粉砂糖は雪を表している。山名と同様にイタリアではモンテ・ビアンコと呼ばれる。

典型的には、カップケーキ型のスポンジ生地やメレンゲ、タルト生地などで作った土台の上に生クリームをホイップし、それをらせん状に包むように、細い麺状にした栗のクリームをあしらう。その上に半分に切った甘露煮の栗が一片載せられる。形状や大きさ、土台となるケーキ部分には様々なバリエーションがあるが、栗を用いたクリーム(またはそれに味を似せたもの)を麺状にしたものをあしらうものが多くのものに共通する。

このケーキの誕生については、モンブランを看板メニューとするパリの老舗カフェ「アンジェリーナ」でとする説と、東京・自由が丘の「モンブラン」でとする説がある。前者は、このカフェの創業が1907年である事を根拠とするが、モンブランがメニューに加えられた時期が定かでない。対して後者は、初代の店主が1933年にフランス・シャモニーを旅した際に見たモンブラン山の美しさを、帰国後にケーキで表現した事を根拠とする。

現在の日本では、使用される食材は栗のほかに、紫芋(内部が赤紫色のサツマイモの一種)なども使用される。また、抹茶を入れた抹茶のモンブランなどもある。「銀座 コージーコーナー」では、2006年夏、マンゴーブームを受けてマンゴーモンブランを発売した。

PR

2007/08/30 22:11 | 日記

<<デスノート、スピンオフ作品「L(仮)」 | HOME | アール・デコのデザイン>>
忍者ブログ[PR]