忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/11/14 22:11 |
いきなり団子
熊本県の郷土菓子であり、輪切りにした生のサツマイモを、小麦粉を練って平たく伸ばした生地(団子)で、覆い隠すように包んでいき、蒸し器などで蒸かして、そのまま食べる菓子である。地元の方言ではいきなりだごとも言われている。

名前の由来は、短時間で「いきなり」作れるという意味と、生の芋を調理する「生き成り」(いきなり)という言葉の意味が重なっているといわれる。 別のいわれとして、熊本の一部地域では今でも片付けが苦手な人を、いきなりな人という。 転じてざっとしていることを意味し、ざっと作れる菓子との説もある。

地元では一般家庭において伝統的に作られ続けるという、菓子としては珍しい歴史を持つ。なお最近はサツマイモの上にアズキ餡を乗せ、そのまま包む製法が一般的になってきている。

たい焼きと同様に安い値段でできたてを味わえる存在である。近年保存技術の発達により、真空パックや冷凍されたものも販売されている。

PR

2007/09/08 14:40 | 日記

<<ハーフパンツ発祥の地は | HOME | モーツァルトの死と死因>>
忍者ブログ[PR]