忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/11/14 22:46 |
炭水化物の生理作用
炭水化物は生物にとって大きく分けて3種類の働きを持つ。

1、エネルギー源
2、形態構築の材料
3、分子的な「標識」

単糖であるグルコースは細胞の主なエネルギー源である。また、とりわけ人間にとっては、思考の際の脳のエネルギー源としても非常に重要である。グルコースは植物ではデンプン、動物ではグリコーゲンとして、高分子として体内に蓄えられる。

植物の体はセルロースという多糖によって構成されている。セルロースはデンプンと同じグルコースの多量体であるが、結合様式が異なるため、化学的に極めて強靭な構造を持つ。セルロースは細胞壁の主成分として活用されている。

また、細胞の表層には、糖鎖と呼ばれる糖の多量体が結合している。これはタンパク質に対する受容体ほど強くは無いものの、生体内である種の「標識」としてはたらいている。

栄養学的分類
健康増進法に基づく栄養表示基準では、国内で消費者向けに販売される食品に、邦文にて栄養成分の表示を付するに際し、「炭水化物」の含有量の表示を義務付けている(特例として、炭水化物に代えて「糖質」及び「食物繊維」の含有量の表示も認められる)。

また、これとは別に、状況に応じ(例えば、「糖類ゼロ(無糖・ノンシュガー・シュガーレスの表示も同じ意味)」「低糖・従来比糖類○○%カット」などの表記をする場合)「糖類」の含有量が表記される場合がある。

これらの便宜的分類を示すとおよそ下記の通り。

炭水化物
食物繊維
糖質(食物繊維ではない炭水化物)
糖類(単糖類又は二糖類であって、糖アルコールでないもの)
そのほか(デンプンなど)

化学的分類
より厳密には、炭水化物とは

糖 アルデヒド基またはケトン基を持つ多価アルコール
単糖
少糖 単糖が2個20個程度結合したもの。オリゴ糖ともいう。単糖の結合した数により、特に二糖、三糖などという場合もある。
多糖 単糖がオリゴ糖以上に結合したもの。
糖の誘導体
を包括する一般名称である。
PR

2007/09/12 13:20 | 日記

<<デート商法の手口 | HOME | バース市街>>
忍者ブログ[PR]