忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/11/14 22:03 |
奄美大島の郷土料理、油そば
どんぶりの底にわずかに入った醤油やラードの入った濃いタレに、ラー油、酢などの調味料を好みでかけ、茹で上げた麺全体に絡めて食べる。具はシンプルでメンマ、チャーシューなど少量。 店によっては油そばではなく、「もんじゃそば」「手抜きそば」「あぶらーめん」などと称しているところもある。

油そばの発祥
1958年に東京都武蔵野市境の亜細亜大学そばにあるラーメン店珍々亭が発祥であるというのが通説であるが、他にも東京都小金井市の東小金井駅前にある宝華とする説や、東京都国立市の一橋大学そばにある三幸とする説もある。どの説にせよ、東京の多摩地域を発祥とする麺料理であると言える。

また、その食べ方から中国料理の拌麺(ばんめん)を参考にしているという説もある。

油そばの食べ方
さまざまな作法があり、決まった食べ方というのは存在していないが、一般的には温かい麺とタレを良く絡めてから食べる。また、トッピングも各店によりさまざまなものが考案されている。

食べ方の例
出された油そばにラー油、酢、醤油などの調味料をそれぞれ適量加え、麺とタレ、そして調味料をよく混ぜ合わせる。よく混ぜ合わせたものを食べるのだが、途中味を変えるために、調味料を追加するなどする場合もある。

油そばのトッピング
油そばはそのままでも食べられることが多いが、さまざまなトッピングを入れて食べることもある。トッピングは各自、各店によってさまざまに工夫をされているが、一般的にラーメンに添えられているものを入れることが多い。

ネギ盛り
生たまご
味付けたまご
チャーシュー盛り
ワンタン盛り
メンマ盛り
温泉たまご
ごま

市販品としての油そば
カップ焼きそばの調理法を応用したカップ麺製品、生麺タイプのものなどがスーパーなどで市販されている。

市販としては、例えば日清食品の「日清のたれ中華そば」も商品名として表記している。 また、油そばをメニューに出しているお店が通信販売をしている例もある。

PR

2007/09/01 22:02 | 日記

<<JJ(ジェイ・ジェイ)モデル一覧 | HOME | ラザニア>>
忍者ブログ[PR]