忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/11/20 12:45 |
小島よしお
沖縄県出身のお笑い芸人。サンミュージック企画所属。千葉市立稲毛高等学校、早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。

身長178cm、血液型O型。星座はさそり座。左利き。高校時代は野球部の盛り上げ役だったらしく、高校時代の学祭(飛翔祭)では、彼のクラスの出し物であったフィーリングカップルで、司会を務めていた実績あり。

元WAGEのメンバーで、WAGE時代に事務所の先輩後輩の間柄であったことから ポルノグラフィティと仲が良く、新藤晴一の野球チーム・桜丘クロゴスに所属。晴一によると、HEY!HEY!HEY!のゆかりゲストとして出て欲しかったが、小島の知名度が低かったため断念。

筋肉質な「ブーメランパンツ」姿で、体験談などを話すも途中で失敗(言葉を間違えたり先にオチを言ってしまったり)に気付き「下手こいたー!」と落ち込んで、床にひざまづき頭を垂れた後、BGMが流れると尻から立ち上がり、軽快なリズムに合わせてネタを始める。尺が短い場合はBGMを流しながら登場する事もある。

BGMは、Woodyの「hype 'o' tek」、TWIN PITCHの「GHETTO BLASTER」を使用している。

ネタは、失敗談のあと「○○○、だけども だっけぇど、×××、でもそんなの関係ねぇ!、そんなの関係ねぇ!」と拳を振りながら力説する。「だけども だっけぇど」は言わない場合もある。その後「はい(セイ(say))!オッパッピー」と叫んで白目をむきながら左腕と右脚を斜めに伸ばして“イ”に似たポーズを取り、「チントンシャンテントン チントンシャンテントン」と唱えながら軽妙な踊りを見せる。『でも「そんなの関係ねぇ!」×3→「はい!オッパッピー」→「チントンシャンテントン」×2』が基本の流れとなる。

たまに「おー(O)!(おー!)ぴー(P)!(ぴー!)えー(A)!ぴー(P)!あい(I)! オッパッピー」と盛り上がろうとする。尺が長い時、お客の対面で行う事がある。「おー」「ぴー」はお客との交互、「えーぴーあい、オッパッピー」は一緒に言う。 あいうえお作文を行い、小島の「こ」こんなに大勢の前で、小島の「じ」人生懸けて、小島の「ま」まさかの人任せと言う。よしおの「よ」よせばいいのに、よしおの「し」しらけた空気を、よしおの「お」オッパッピーとも言う。

必ずといっていいほどネタの途中でグダグダになる。

初期の頃は「はい!オッパッピー」ではなく、「○○○オッパッピー」と言っていた。現在も締めで「暗転下さいオッパッピー」等を用いる事がある。司会者に「オッパッピーってなんですか?」と質問されると「なぜ知らないの?」という顔をして「オーシャン・パシフィック・ピース(太平洋に平和を)」の略だと応える所までがネタ。

かつては怖い話などをしながら、体中にオイルを塗りたくり肉体をアピールするネタを披露していたが、上記のネタでブレイク。元々「オッパッピー」は卑猥な言葉だったらしいが、他の芸人にダメ出しを受けて「オーシャンパシフィックピース(Ocean Pacific Peace)」に変更した。

はいているブーメランパンツは3種類あり、初期の海パンがゆるくなった為現在の緑色の海パンになったと発言。なお3代目の海パンはGyaOの超サンミュージックで視聴者プレゼントされた。
本人のネタに祖父はブラジル人と登場するが、本当は日本人だと自身で暴露する。
2007年3月4日に茨城県・取手市民会館において行われたライブで、桜塚やっくんに気に入られ、その日のブログで紹介されている。
2007年5月の第5回お笑いホープ大賞決勝進出。審査員特別賞を受賞。
2007年5月25日放送の日本テレビ『ぐるぐるナインティナイン』に出演し、多くの人に知られるきっかけとなった。
2007年5月27日放送のABCテレビ系『笑いの金メダル』で新郎役・上田晋也の友人という設定で出演も初めに「はじめまして」といってしまう天然でもある。その回で仲人役・西川きよしに「短期間かもしれないけど、これは流行るかも」と言われ、同じく仲人役・北斗晶からは「あんなバカ見たことない」と言われた。結果、その回にネタ出しで出演した芸人の中からMVPに選ばれた。
『笑いの金メダル』でネタをやる時は必ず「地球温暖化…」と言いかけたところで幕が閉まっていた。
2007年6月14日放送の日本テレビ『ラジかるッ』に出演し、早稲田大学時代、番組MCの宮崎宣子アナと同じオールラウンドサークル所属だったと発言。
2007年6月14日放送のTBSラジオ『カンニング竹山の生はダメラジオ』にゲストで出演し、元高校球児だったと発言。小学校から高校まで野球をやっていたという。そして、「自分は野球選手になるか芸人になるか悩んでいた」と発言。ドラフト会議で自分の名前がいつ呼ばれるかを待っていた(もちろん実際に指名される事は無かった)。
2007年6月21日放送のTOKYO FM『Wonderful World』に出演時間よりも早く登場し、ゲストとして来ていたビリー・ブランクスの前で持ちネタを披露。ビリーに「オッパッピー」と言わせることに成功。
2007年7月6日放送の日本テレビ『ぐるぐるナインティナイン』に出演し、滝沢沙織と知り合いである事を明かした。
2007年7月22日に行われたTAICHI MASTERの結婚式、披露宴、ライブに、DJ TATSUTA、MCU、CMJK、LITTLE、宇多丸、wyolica、ハナレグミらと共に出席し、芸を披露した。
2007年7月31日放送の爆笑レッドカーペットで、YouTube週間再生ランキングが世界5位になったことがあるということが明かされた。
2007年8月8日放送のTBS『明石家さんちゃんねる』で、本人曰く、「そんなの関係ねぇ!」のネタは学生時代DJであった先輩が、いきなりマイクをフッてきたが、面白い事を言えなかった。そんなときに「そんなの関係ねぇ!」という言葉が降ってきたらしい。
音楽戦士 MUSIC FIGHTERの明るいニュースでポルノグラフィティの新藤晴一と同じ野球チームのチームメイトであり後輩だという事を明かした。
2007年8月18日放送の日本テレビ系列24時間テレビ 「愛は地球を救う」の1コーナー(熱湯コマーシャル)に登場した際、アドリブで浴槽内にて持ちネタである「そんなの関係ねぇ!」「オッパッピー」を披露した。小島が浴槽内で平然とネタを続けた事で、実際には熱湯ではない事が露呈してしまうというハプニングが生じた(昨年も小阪由佳が熱がるリアクションを取らなかった為、熱湯ではない事を露呈されている)。若槻千夏のブログによれば、その後、楽屋でカンニング竹山から「関係ある時もあるんだよ」というアドバイスをもらったようである。また放送内で「熱いという前提が壊れちゃったよ」とあえて火に油を注ぐようなことを言って笑い飛ばしていた爆笑問題の太田光は後に「竹山とかがさんざん冷やかしたら本気で落ち込んじゃって」と茶化した上で「最高だった。腹抱えて笑った」「あれをきっかけに大ブレイクするぜ、多分」と絶賛している。
この事件を放送事故と見做す者もいるようだが、若槻や太田は笑い話として扱っていた、その後2007年8月27日放送の笑っていいとも!で小島はダチョウ倶楽部と再共演を果たし「こう見えても僕、熱さに強いんです!でもそんなの関係ねぇ!」と自身のギャグを交えてこの日の事を堂々とネタにしていた、その際肥後克広から「関係あるだろ!」とツッコミを受けている。

PR

2007/08/28 13:12 | 芸能人

<<ジャンクSPORTS(ジャンクスポーツ) | HOME | ガチャピン&ムックのリバーシ配信>>
忍者ブログ[PR]