忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/08/21 21:39 |
オランダせんべい
原料は小麦粉・砂糖(黒砂糖)・塩・膨張剤である。直径20cmほどの円形をしており、厚さは8mm前後の薄いものである。ベルギーワッフルのように表面に凹凸の模様がある。この模様のパターンは全体の1/4ごとに異なっている。専用の焼き型に生地を入れて焼き上げる。

一般の煎餅のようにパリパリしておらず、湿気を持ち弾力のある柔らかい食感を持つことが最大の特徴である。この食感と素朴な味わいに郷愁を感じる根室出身者も多い。なお、この食感は絶妙の焼き加減から生まれるものであり、焼きすぎると通常の煎餅のようにパリパリするという。

オランダせんべいという奇妙な名前の由来ははっきりしないが、表面の模様がオランダの石畳に似ているから、という説が有力である。

いつ頃から根室で販売されていたのかは定かな資料がなく不明だが、恐らく戦後であろうと言われている。最盛期にはたくさんの製造元があったが、次々と撤退し、現在残っているのは後発で参入した「端谷菓子店」のみである。

入手法
根室市およびその周辺のごくわずかなエリアでのみ販売されている。このため、同じ北海道でもその存在を知らない者も多い。根室市内であれば製造元の端谷菓子店だけでなく、地元資本のスーパーやコンビニエンスストア、土産物店などで幅広く販売されている。

なお、製造元の端谷菓子店に限り、製造過程で生じる耳の部分を販売している。この食感を気に入り、指名買いをする者も多いという

PR

2007/09/03 22:18 | 日記

<<板谷由夏、キャスターに挑戦 | HOME | 徳永 英明>>
忍者ブログ[PR]