忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/08/21 21:39 |
ソウルキャリバーIV
霊剣"ソウルキャリバー"、邪剣"ソウルエッジ"を中心に、さまざまな戦士たちが激突する3D武器格闘アクションゲームの『ソウルキャリバー』シリーズ。その最新作『ソウルキャリバーIV』は、プレイステーション3とXbox 360で登場する。ハードの性能を十分に活かし、美しい映像で戦いを楽しめる。そんな『ソウルキャリバーIV』に、 アレクサンドル姉妹と奈落の番人ヴォルドの参戦が決定! おなじみの戦士たちが集結し、ふた振りの剣を中心にくり広げられる戦いが再び幕を上げる。

バンダイナムコゲームス
対応機種 プレイステーション3/Xbox 360
発売日 2008年発売予定
価格 価格未定
ジャンル アクション / 格闘

ソウルキャリバー
本作は前作の『ソウルエッジ』からゲームコンセプト等を大幅に変更され、一から作り直された作品である。この作品では、前作よりも高い性能を誇る基板の恩恵を受け、その性能を十二分に活かした様々な新しいシステムが構築された。中でも「8WAY RUN」(後述)は本作において欠かせないシステムの一つである。さらに、フレーム数(描画に対しての処理能力)が大幅に向上、加えて操作レスポンスも飛躍的に上がり、キャラクターもより滑らかなモーションで動くといった、前作以上に当時の基板性能をフル活用した最先端グラフィック及び技術の数々はユーザーを驚愕させた。また、前作よりも純粋に実在する剣技だけで競い合うという方向性になることで(これは同様の3D格闘ゲームである『バーチャファイター』や『鉄拳』シリーズ等の方向性に近い)操作することにより強い一体感を味わうことが出来るゲームを実現している。前作の『ソウルエッジ』は、「武器ゲージ」や「武器飛ばし」等システムを大幅に異にするため、根本的に“ソウルシリーズ”を確立させたのはこの作品と言える。

アーケード版で制作され、その後基本的なシステムはそのままでゲームバランスを調整、更に「ミッションバトル」等の様々なモードや、イラスト等のグラフィックを鑑賞できる「アートギャラリー」といったおまけ要素を多数追加し、ゲームとしてのクオリティを大幅に強化したドリームキャスト版が発売され、その改良・洗練された高い完成度を含めて、“ソウルシリーズ”の最高傑作として挙げられることが多い。

PR

2007/08/13 14:26 | 日記

<<終戦記念日 | HOME | 段ボール肉まん報道、職員に懲役1年>>
忍者ブログ[PR]